キャッシングとカードローンの違い(キャッシング=消費者金融、カードローン=銀行カードローンと言う内容で)ドットコムVC

カードローンもキャッシングもお金を借りている事実には違いはないです。

ですが、やや趣が異なるのは確かです。

カードローンとキャッシングでは適用される法律がやや違うのです。そこをよく認識していると自分にあった少額融資のされ方を見つけられるようになります。

絶対に、どんな場合でもこちらが良い、と言うわけではないですがお金の借り方の良し悪しとしての基本的な考え方はありますし、それは覚えておく価値があるのは確かでしょう。

消費者金融の方が金利が高い理由ドットネットXV

一般的に消費者金融の方が金利が高いです。

これはややリスキーであろうとも貸してくれることがある場合とそもそも企業体力がカードローンのほうよりも弱いので貸し倒れに関する警戒が強くあるからです。

金利を高くすることによって、貸し倒れの率が多少高くなろうとも問題ないようにできます。もちろん、ベストはすべて回収できることですがそんなことは有り得ないので業者は想定はしており、計算して貸し付けています。そのハードルが低目なのが消費者金融であり、それが高金利に繋がっています。

借りるならキャッシングとカードローンどっち?ガイダンス42

キャッシングとカードローン、どちらにするべきかは実に悩ましい問題と言えるでしょう。

借り易さから言えばキャッシングのほうがよい時が多いですが、金利や総量規制外として見ればカードローンのほうが良いです。

このあたりはその人の金融信用情報次第ですし、考え方次第でもあります。確実に言えることは審査が緩めであるのは総量規制があろうともキャッシングのほうです。

あくまで総量規制の範囲内であれば借りる為のハードルは消費者金融の方が低いです。

カードローンは総量規制対象外!体験談CG

銀行のカードローンは総量規制の対象外となっています。

この制度の唯一とも言える片手落ちの部分といえますが、兎に角利用できるならばそれにこしたことはないです。

但し、はっきりいって国が定めた少額小口融資は3分の1が限度額、としたのはなかなか正鵠を射ています。的確な、ギリギリの数字であると言えます。これ以上は無担保、無保証で借りる場合の金利ではかなり苦しくなります。銀行のカードローンは規制外ではありますがだからといってお勧め出来るわけではないです。

速報無職OKというのは闇金だけニュースNX47

無職でも貸してくれるところはないのか、といえばあることはあります。

しかし、大抵のところは闇金である可能性が高いですから、審査があまりにも緩いところは注意したほうが良いでしょう。

あくまで金融業者として合法であるところから借りるのが自分の為に最も重要な点といえます。無職というのは、やはりどうしてもネックになります。

少なくとも無職でもokとしている金融業者は銀行でない限り、総量規制に関することを違反していますから、闇金である可能性は高いです。

主婦借入OKの銀行カードローン - 夫に内緒で即日審査ならココ!|主婦向け借入相談所
・http://xn--u9jugpd8f4a3cc4001dqtdfydkyjmvv.com/